TOP PAGE

夏休み3市延長 調布9月5日、多摩31日、日野29日まで

| | コメント(0)
 新型コロナウイルスの感染が子どもにも広がっていることを受け、公立小中学校の夏休みを延長する動きが二十三日、多摩地域の自治体でも出始めた。調布、日野、多摩の三市が延長をそれぞれ発表した。(花井勝規)
 調布市は臨時教育委員会を開き、二十六日までだった夏休み期間を九月五日まで延長することを決めた。市教育委員会の担当者は「感染者が子どもたちの間でも増えている状況を重くみた」と説明した。始業式は六日に行い、七日から十日は、オンライン授業を行う。翌週十三日から通常授業に移る予定だが、状況次第でオンラインの延長も検討する。部活動は十二日まで原則中止とする。
 日野市は二十五日から二十九日を臨時休校にし、三十日に始業式を行う。その後は九月十日まで学校の規模に応じて分散登校や短縮授業を行う。多摩市は夏休み期間を三十一日まで延長した。九月一日以降の対応は各学校から家庭に知らせるとした。

コメントする