TOP PAGE

SDGs講座に参加しました

| | コメント(0)
SDGs講座に参加しました。(参加者97名)

1.日時 8/29(木)18~21時
2.場所 生活保健センター1F予防接種室

SDGsとは?
2015年9月の国連サミットで全加盟国の採択を受けた国際目標です。「持続可能な開発目標」を意味する「Sustainable Development Goals」の略称です。
2019年7月1日に、日野市は宇都宮市やさいたま市などと共に「SDGs未来都市」に選定されたそうです。
SDGs未来都市とは?
地域発で持続可能な地域づくりを進め、モデルとなる取り組みを日本や世界に発信することを目的に、SDGsの達成に向けた取り組みを提案する都市を内閣府が選定したそうです。
今回の講座は?
SDGsの取り組みがどんなものであるかを理解してもらおうと日野市で活動する団体等を対象として企画されたものです。
ひの市民活動連絡会・研修部会共催となっていたのそのメンバーとして参加しました。
講座は3時間で、1時間は説明で、2時間はゲームでした。
2030年の地域社会(たとえば日野市)の目標を設定して、まち、ひと、しごとをどのように実現するかのゲームでした。3年ごとに4回に区切り、人口、経済、環境、暮らしの状況(結果)をチェックするものでした。自分はエコ社会を実現する事業者としての役割でした。他の人も市役所、NPO職員、一般市民等・・地域社会を構成する役割が設定されています。このなかで資産(人、もの、金)を動かして目標を達成するのです。(人生ゲームみたいなものです)相手の状況(資産)を得るためにはまずはコミュニケーションが重要です。そのうえで取引をするのですが、最初はギブアンドテイクをベースに事業を達成することを考えていたので、なかなか折り合いがつかなくうまくいきませんでした。突破口はギブでした。ギブすることにより素早く事業が生まれその結果により新しい人、もの、金が生まれたのです。この連鎖反応により飛躍的に事業が展開し目標を達成することが出来ました。

以上、住みやすい地域社会を実現するには、まずはギブから始まることを体験した有意義な講座でした。今回はゲームでしたが、今後は具体的な目標実現の中に取り込めたらと思います。

IMG_1788.jpg
IMG_1791.jpg

コメントする