TOP PAGE

民進、都・市議7人が離党届…長島氏地元選挙区

| | コメント(0)
民進党から除籍(除名)処分となった長島昭久・元防衛副大臣の地元、東京都立川市選出の酒井大史都議(48)と、日野市の菅原直志市議(49)が25日、民進党都連に離党届を提出した。
 酒井、菅原両氏は、東京都議選(7月2日投開票)の民進党公認候補で、同党の都議選公認候補の離党届提出者は計13人となった。

コメントする