TOP PAGE

アフリカゾウ「砥夢」順調 とべ動物園→東京(多摩動物園)

| | コメント(0)
 2012年11月、砥部町の愛媛県立とべ動物園から東京都日野市の多摩動物公園に引っ越した雄のアフリカゾウ「砥夢(とむ)」。転園当時は3歳8カ月のかわいい子ゾウだったが、今年3月で7歳になり、見た目も大きくなった。父親「アフ」(推定29歳)の死という突然の悲報に多摩の飼育担当者も肩を落とし、種の保存に向けた砥夢への期待がより切実になっている。 

【写真】多摩動物公園で7歳になった砥夢。背は高くなったが、まだ足は細い=4月26日午後、東京都日野市

コメントする