TOP PAGE

日野の可燃ごみ共同処理計画:撤回請求を棄却

| | コメント(0)

日野市が小金井、国分寺両市と進める可燃ごみ共同処理計画を巡り、計画に反対する市民団体が白紙撤回を求めた住民監査請求と事務監査請求で、日野市監査委員は2日までにいずれの請求も棄却した。

 市民団体「ごみ問題・監査請求をすすめる会」(木村真実代表)は、施設建設基本設計書が納品される前に市が費用を支払ったことは違法だとして住民監査を請求。これに対し監査委員は手続きは不当と認めたが、最終的に納品されたため、「損害は発生しておらず(計画撤回の)請求には理由がない」とした。

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150603ddlk13040112000c.html

コメントする