TOP PAGE

ごみ共同処理計画書 来月国に提出へ

| | コメント(0)
 可燃ごみの共同処理を予定通りに進めるため、日野、国分寺、小金井の3市は3月1日に、日野市内に建設する新処理施設の規模などを記した計画書と、3市長の署名が入った覚書を環境省に提出することが21日、分かった。計画書は国から建設費の一部助成を受けるために必要な書類。覚書は3市が責任を持って共同処理を進めることを誓約した文書で、同省が提出を要求した。これで共同処理計画は大きく前進する。

・ごみ共同処理計画書 来月国に提出へ

コメントする