TOP PAGE

生活科授業:日野・夢が丘小2年、コオロギ相撲で生態実感 地元の多摩動物公園と連携 地域の生き物知り、関心高める /東京

| | コメント(0)
 日野市立夢が丘小学校(阪田幸子校長)は、生活科の授業で生き物の理解や地域を知る目的で地元施設の見学などを取り入れている。2年生は入学以降、同市の多摩動物公園でナナフシなどを触りながら昆虫と親しんだり、国語の授業で学んだ蛍について卵や幼虫、成虫の発光を見学しながら飼育係の話を聞いたりして、生き物と触れ合いを重ねている。

・生活科授業:日野・夢が丘小2年、コオロギ相撲で生態実感 地元の多摩動物公園と連携 地域の生き物知り、関心高める /東京

コメントする