TOP PAGE

もしドラゆかりの日野市、ドラッカー理論で改革

| | コメント(0)
 近代経営論の父と言われたドラッカーの経営論を活用した組織改革を実践するため、東京都日野市でプロジェクトチーム(PT)が発足した。
 同市は、小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(もしドラ)の舞台のモデルになった。興味を持った職員が、前例主義の役所を変えたいと市長宛ての「目安箱」にアイデアを投函したことがきっかけ。PTは9月までに具体案を市長に提出する。

・もしドラゆかりの日野市、ドラッカー理論で改革

コメントする