TOP PAGE

乗鞍の保養施設閉鎖へ 日野市 赤字続きで重荷に

| | コメント(0)
 日野市は、長野県松本市安曇の保養施設「市立乗鞍高原日野山荘」を来年十一月に閉鎖する方針を固めた。一九九一年に開館したが、黒字を計上した年度は一度もなく、赤字削減のために六年前から冬期を休業し営業期間を年間七カ月だけに区切るなど、市の負担になっていた。市の担当者は「なんら手を打てなかった」と落胆し、馬場弘融市長も会見で「市議を務めていた開業当時から、『大丈夫だろうか』と疑問だった」と言い訳した。

・乗鞍の保養施設閉鎖へ 日野市 赤字続きで重荷に

コメントする