TOP PAGE

医療・介護連携型の高齢者賃貸住宅 都のモデル物件、日野に

| | コメント(0)
 東京都は医療・介護連携型住宅のモデル物件に選んだ高齢者専用賃貸住宅(高専賃)「風のガーデンひの」が11月に日野市で開業すると発表した。都は今回の物件を第1号に、今後同様の施設を都内の他の地域でも選定し、普及を促す計画だ。
 医療法人社団の康明会(日野市)が11月1日に同市内に開設する。21戸が入る2階建てで、延べ床面積は約1060平方メートル。土地・建物の所有者が別におり、事業者の康明会に貸し付ける形をとる。土地・建物の所有者は都に対して、約1900万円の補助を申請している。

・医療・介護連携型の高齢者賃貸住宅 都のモデル物件、日野に 

コメントする