TOP PAGE

都内交付団体、新たに8市 10年度総額は61%増

| | コメント(0)
 総務省が二〇一〇年度の各自治体への普通交付税額を公表したことを受け、都は二十三日、都内三十九市町村のうち、八市が新たに交付団体となったと発表した。不況の影響で、法人税や住民税などの収入が減るためで、交付総額は四百七十五億円と前年度比で61%増となった。
 都によると、今回から交付団体となったのは、八王子市、昭島市、町田市、小平市、日野市、国分寺市、国立市、羽村市で、交付団体は三十一(十九市十二町村)となる。

・都内交付団体、新たに8市 10年度総額は61%増

コメントする