TOP PAGE

雑木林関連事業

| | コメント(0)

 

11月28日(土)の活動報告です。

         

IMG_6930.JPG

●午前中は、百草山の雑木林の手入れ作業を行いました。前回に引き続き落葉掃きのための下草刈です。写真でご覧いただくように、ある程度まとまりのある面積の林床がきれいになりました。 

 

 

 

 

●13時からは、落川交流センターの会議室で講習会を開きました。午前中草刈作業を行った雑木林チームのメンバーが集まり中央大学生らとともに、高野講師から「百草を中心とした歴史概観」のタイトルで講習を受けました。周辺地域の古代から現代までの歴史的な変遷について資料での説明がありました。そのなかで、百草山周辺のスダジイの由来や真慈悲寺との関連性などを教えていただき、今後の雑木林管理に当たり、当該地の歴史性を考慮するべきであることなど多くのことを学びました。 

●15時ころから百草山近隣農家の方からヒヤリングを実施しました。日野市環境情報センターの方や中央大学生も一緒です。最近まで、春には山が色とりどりの新緑に彩られ、エビネやシュンランが自生し、ホタルが飛び交う美しい里山であったが、最近は手入れもあまりしなくなり、竹藪の進入などによりその面影がなくなってしまったことなどのお話を聞くことができました。雑木林のお世話をするにあたり、これからもいろいろと教えていただければいいなと強く思いました。

お話を伺ったあと、現地を一回りして帰途につくときには、薄暮となっていました。

コメントする