TOP PAGE

太極拳のすすめ ≪太極拳で健康になろう開催中≫

| | コメント(0)

太極拳のすすめ

 

太極拳の呼吸は、内臓のマッサージです。

意識的に横隔膜を上下させる丹田呼吸。

無意識のうちに20%近く肺の機能がアップします。

下腹部はうっ血しやすい所。

腹式呼吸時の下腹部の腹圧により、血液の循環がよくなり、自律神経が整い、心も落ち着きます。

意を丹田に集中し、ゆっくりと深く呼吸に合わせた動きによって、気は体中の経路にのり、血液は気にのって、手の指先、足の指先、全身にくまなく、行き渡ります。

呼吸法の鍛錬は気の鍛錬でもあります。

 

転倒事故・骨折を防ぐ三つの力

    体を支える力(太極拳の特徴は下半身にあり、ゆっくり動く)

    足を上げる力(つま先を上げる動作)

    平行(バランス)を保つ力(骨盤の安定、骨盤の周りにある筋肉(中臀筋))

 

竹田講師より

 

 

コメントする