TOP PAGE

市民環境大学講座に参加して

| | コメント(0)

市民環境大学講座が5月7日に開講して4回目が終了しました。

(前期12回、後期12回の合計24回が予定されています)

団塊世代として地域社会と繋がりを持ちたいと思い、昨年度実施の「たのしい環境講座」

に引き続いて参加しています。

本講座については興味のある人が多いと思いますので、簡単に紹介したいと思います。

 

■学習内容 地球環境を正しく知ることを通して、地球規模の環境をみんなで考える 

■講師 小倉 紀雄(東京農工大学名誉教授)

■主催 水と緑の市民・ネットワーク、日野市環境情報センター

 

kankyo1.jpg

 

<どんなことが聞けるのか?>

・環境問題を学問として体系的に学べそうです。

  →京都議定書に至るまで環境行政の歴史を学びました。

  →地球誕生から現在までの地球環境の変化を学びました。

  →物質環境と人間活動の影響について学びました。  ・・・・・・etc

・某大学経済学部で教えている内容と同じだそうです。

  →大学と違って、70%出席で終了証をいただけるそうです。途中にトイレ休憩もあります。

・日野市民として身近な環境問題についても答えてくれます。

  →日野市の飲料水のレベルは・・・・etc

 

<どんな先生ですか?>

・几帳面でやさしそうな感じかな?

・日野市環境情報センター長でもあり、平山に住んでいるそうです。

・専門分野は水環境だそうです。

・講義の終了時に、感想メモを提出させます。次回の初めにこれに回答します。

  →ちょっと気になることを書けば、詳しく教えてくれます。

 

コメントする