TOP PAGE

“本州の背骨”をつないで120年、中央線が記念式典

| | コメント(0)
 中央線の開業120周年を記念する式典が11日、JR立川駅で開かれた。
 中央線は、私鉄の甲武鉄道(後に国有化)が、1889年(明治22年)4月11日に新宿―立川間を開業したのが始まり。開業に合わせて立川、国分寺、武蔵境(当時は境)、中野の4駅が設置された。

・“本州の背骨”をつないで120年、中央線が記念式典

コメントする