TOP PAGE

春の浅川・多摩川 川岸散歩

| | コメント(0)

 4月8日 暖かい春の日差しに誘われて浅川や多摩川べりを散歩してきました。

kiji.jpg


浅川の河原にいたキジです。
久々に見ました。
一週間ほど前には、別の場所ですが、コジュケイも見ました。
キジもコジュケイも20年位前まではもっと頻繁に見られたのですが最近はなかなか会えません。














土手近くの畑ではカリンの花が満開でした。

秋の金色の実も綺麗ですが、花も可愛いです。実と違って花の方は、香りが殆ど無いですね。









こちらは浅川と多摩川の合流地点にあるゴミ処理場の裏を流れる根川のサクラ。


訪れる人が少ない穴場の一つです。


ここからは浅川を離れ、多摩川べりを歩きます。





 多摩川の河川敷野球をやってました。
 写真では看板の文字が途切れてますが、「東京都還暦軟式野球連盟大会」だそうです。
 名前から想像するに、還暦以上の人達が野球を楽しんでいるんですね。
 皆さん、元気です。何より楽しそうなのが良かったです。
 写真はヒットを打った瞬間です。

 そんな連盟があるなんて知りませんでしたが、ネットで調べたらありました。(↓)
  東京都還暦軟式野球連盟






多摩川を上流に歩きます。
写真はありませんが、「万願寺の渡跡」の土手沿いのサクラが綺麗でした。

写真は日野橋の上から下流の中州を撮ったものです。
中州は盛りの菜の花が水に映えて、これもまた美しい!








 日野橋を渡って立川市に入ります。
 こちらも根川ですが、立川運動公園の脇を流れ多摩川にそそぎます。日野の根川は多摩川から分流しています。

 両岸からサクラが川に向かって枝を伸ばしている景色は見事です。
 サクラが見頃の為でしょうが、平日にもかかわらず、両岸の土手ではお弁当を拡げている家族連れや、桜色の顔でご機嫌の若者グループなどで賑わっていました。

 この後、多摩川北岸を下流に向かい、四谷大橋を渡って日野市内に戻りました。

















コメントする