TOP PAGE

日野、ごみ共同処理拒否 市長「現状の判断」

| | コメント(0)
 立川市が日野市の焼却施設でごみの共同処理を模索している問題で、日野市の馬場弘融市長は22日、同市内で焼却施設の地元住民に対し、共同処理の交渉を進める考えはないと説明した。住民の了解が得られないこともあり、馬場市長は読売新聞の取材に対し、「(交渉のテーブルにつくのは)現状では無理。今の時点で全くやる気はない」との意向を明らかにした。

・日野、ごみ共同処理拒否 市長「現状の判断」

コメントする