TOP PAGE

花便り:高幡不動のアジサイ

| | コメント(0)

 
 例年より、6日、昨年より20日も早まった梅雨入りの中、高幡不動のアジサイを尋ねてきました。

 まだ開花が始まったばかりだからでしょうか、一つ一つの花に初々しさが感じられます。

 まずは、定番の本アジサイです。この花を見ると梅雨が来たなと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カシワバアジサイ

葉の形が柏に似てることから名付けられました

クリームがかった白い花を長めの花房に重たげに付けて咲く野生種です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレナイ(紅)

これも野生種です。

盛期になると花びら全体が濃いピンクに染まり、まるで紅葉してるかのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前を忘れました。

八重咲で薄紫の小さめの花が印象的。

可憐な味わいは何とも言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイを追いかけての散策途中、ふと目を上げると杉木立の中に五重塔が…。

 

どこか遠くの山の寺に来たかのような錯覚を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、なんの花かわかりますか?

 

答えは「ドクダミの花」です。

八重咲きです。

花の形が変わると随分と印象が変わるものですね。

 

 

 

 

 

 アジサイは咲き始めたばかり。これからドンドン咲く花の種類も数も増えていきますので、当分の間、花を楽しむことが出来ます。

 アジサイが終わると、いよいよ夏が来ますね。

 

 

 

コメントする